これからのシニアライフをさらにアクティブに!
新着情報
  • HOME »
  • 新着情報 »
  • 日付別アーカイブ: 2018年11月1日

高齢者と外国人日本語学習者を結ぶサービス「Sail」のシステムを共同開発し、本日正式リリース!~生きた日本語を伝え、学ぼう!~

株式会社カヤック(本社:神奈川県鎌倉市、代表取締役CEO:柳澤大輔、東証マザーズ:3904、以下「カヤック」)は、株式会社Helte(本社:千葉県柏市、代表:後藤学、以下「Helte」)と、2018年10月31日(水)に …

「シニア・ショッパー研究セミナー」11月14日(水)開催

■店舗で実施した買物調査からみえてきたシニアの特徴を解説します ■後期高齢者(75歳以上)への訪問調査結果から、買物実態・困りごと・将来不安などを紹介します ■買物困難地域に住むシニアの買物や生活における課題について報告 …

工学院大学が、超高齢社会を支える学部・学科横断型の教育研究をスタート

工学院大学(学長:佐藤 光史、所在地:東京都新宿区/八王子市)は、2019年4月より共生工学研究センター(仮称)を開設し、「共生工学:ジェロンテクノロジー」をキーワードとして学部・学科横断型の教育研究を実施します。「ジェ …

自由楽しんでこそ定年生活 「べき論」には縛られない

最近、世の中には定年や老後について、その考え方や対策などについて書かれた本がたくさん出ています。いわゆる「定年本」です。 読んでいて私は共通点があることに気付きました。それは「老後の生活はこうしなくてはならない」とか「定 …

店舗で買った商品を宅配 大町で高齢者向けサービス

大北地域の5市町村でつくる北アルプス広域連合(大町市)は1日から、大町市内の65歳以上の高齢者を対象に、スーパーなど7店舗で買った商品を無料で宅配するサービスを始める。外出を促し、介護が要らない体力を維持してもらう。行政 …

武漢市で初の高齢者産業博覧会が開催

10月15~17日に湖北省武漢市で「2018年湖北武漢(国際)養老産業博覧会」が開催された。同市で高齢者産業をテーマにした博覧会が開催されたのは初めて。養老機構、養老サービス、補助器具、高齢者用品、健康管理、高齢者教育・ …

高齢者雇用の事例発表 大臣表彰の東部タクシー

労働人口減少に伴う高齢者雇用の在り方を考える「生涯現役社会セミナー2018」(高齢・障害・求職者雇用支援機構鳥取支部主催)が30日、鳥取市のとりぎん文化会館で開かれた。本年度の「高齢者雇用開発コンテスト」で・・・ 情報源 …

700万円のギターも! 憧れのエレキにオトナが心酔

1970年代のロックミュージック黄金時代に10代だった少年も今や50~60代。かつて憧れた有名ブランドのエレキギターにこだわり、プレミアム感のある楽器を探し出して購入できるようになった。中にはギター初心者もいる。楽器店や …

働く高齢者を増やせば将来の労働力不足はどの程度緩和できるか

これからの高齢者は、年金に頼るのでなく働くことが必要だと、前回(10月25日付け)コラム「年金だけでは老後の生活を賄えない、対処の最善策は就労年数の延長だ」で書いた。 高齢者が働くことは、経済全体の労働力不足解消の観点か …

新境地で新人に逆戻り 仕事人秘録 バンダイナムコHD顧問、石川祝男氏

6月に会長職を退いて時間に余裕ができた。次なる夢は……。 今年6月に会長を退任して顧問になりました。これまでの人生に全く悔いはありません。今までは株主総会の後に旅行することが多かったのですが、今年はどこにも行っていません …

歩行環境シュミレーターで道路横断 高齢者が学ぶ

高齢者向けの体験型交通安全教室(村上署など主催)が30日、新潟県村上市八日市で開かれた。岩船地区の9人が参加し、横断歩道の渡り方などを学んだ。 会場の村上市岩船連絡所には、「わたりジョーズ君」と呼ばれる歩行環境シミュレー …

子や孫に教育資金、非課税措置の縮小検討 税制改正

政府は子や孫に教育資金を援助する際にかかる贈与税に関し、2018年度末に期限が切れる非課税措置を延長する検討に入った。高齢層に偏る資産を若年層に円滑に移し、若者の進学や学び直し支援する。一方で「経済格差を固定する」との批 …

70歳までの継続雇用を目指す…安倍首相が表明

安倍首相は10月22日、議長を務める未来投資会議で、高齢者が希望すればこれまでより長く働けるよう、企業の継続雇用年齢を65歳から70歳に引き上げる方針を表明しました。24日に国会で行った所信表明演説でも、65歳以上への継 …

お年寄りの困りごとに「お助け隊」 豊田で次々

困っている高齢者らを地域住民が手助けするボランティア団体が、愛知県豊田市内で相次いで発足している。照明器具の交換や粗大ごみの搬出など、「ちょっとした困りごと」を引き受けている。目標は住民同士が支え合う地域を築くことだ。 …

高齢層向け元本取り崩しは定着するか

金融庁は「高齢社会における金融サービスのあり方」の検討を進めている。そんな中で、最近目にするようになったのが「取り崩し」という言葉だ。金融庁が9月下旬に公表したリポート「金融行政のこれまでの実践と今後の方針(平成30事務 …

1 2 »
PAGETOP
Powered by WordPress & BizVektor Theme by Vektor,Inc. technology.