奈良県立医科大は新たに立ち上げたITスタートアップを通じ、年内に職場や家庭での健康管理を支援するサービスの提供に乗り出す。ウエアラブル端末などで計測する体温や血圧といった個人データや、気温などの環境データをまとめて収集する通信機器を開発。データを組み合わせてクラウド上で解析し、スマートフォン(スマホ)や人工知能(AI)スピーカーから利用者に助言する。建設現場などの従業員や在宅高齢者の健康管理に役…

情報源: 体調×環境データ 解析し健康指南 奈良県医大発の企業:日本経済新聞