「高齢者と呼べるのは70歳以上」。およそ7割の人が、こう考えていることが分かりました。
これは、11月11日の「介護の日」を前にオリックス・リビングが40代以上の男女、およそ1200人を対象に行った意識調査で明らかになったものです。WHO=世界保健機関では65歳以上を「高齢者」と定義していますが、「高齢者」を指す年齢を尋ねたところ、「70歳から79歳」という回答が7割以上を占めました。
また、65歳以上になっても仕事をするかどうかについては、およそ8割が「働きたい」と答えています。このうち3割近くは、報酬のあるなしに関わらず働きたいと考えていて、高齢になっても働くことに積極的であることが分かりました。

情報源: 「高齢者と呼べるのは70歳以上」7割以上の人が認識 TBS NEWS