大阪府は住民の高齢化が進む郊外団地の公共交通のあり方を探るため、自動運転の実証実験を2019年夏に始める。河内長野市の南花台(なんかだい)地区で、商業施設を中心に数キロの巡回ルートを設定する。技術的な問題だけでなく、将来の事業化をにらんだ課題も検討する。近くNTTドコモや南海バス、国、地元自治会、有識者などで協議会を設立する。
大阪府内で公道を使った自動運転の実験は初めて。詳細は協議会で検討する…

情報源: 自動運転の実証実験 大阪府、団地で巡回ルート設定:日本経済新聞