株式会社長谷工シニアホールディングス(本社:東京都港区、代表取締役社長:浦田 慶信)は、2018年11月9日(金)公開の映画「体操しようよ」に協賛をしています。長谷工シニアグループが運営する高齢者住宅では、健康寿命を維持するためのサポートを行っています。そのひとつが「ゆうゆう体操」というオリジナルの介護予防体操です。身体を動かすだけではなく、運動を通してご入居者同士での交流も生まれています。そんな日々の様子が映画の世界観と通じるものがあり、協賛に至りました。
このたび、協賛を記念し、弊社オリジナルの「ゆうゆう体操」を年代を問わずに気楽に行っていただきたいと、順天堂大学 大学院スポーツ健康科学研究科 教授 町田 修一氏に監修いただき、「3分!ゆうゆう体操」(公益財団法人日本スポーツクラブ協会推奨)を制作しました。「ゆうゆう体操」とは、元気な方から要介護状態の方まで自分自身の状態に合わせて意識的に体を動かす体操で、自分で自分をよくすることをコンセプトに、これからの人生をより豊かで楽しいものにすることを目指しています。より身近に、手軽に、習慣的にできるよう、ラジオ体操と同じ3分間で行えるゆうゆう体操を開発しました。
先日、映画の試写会に参加された40代~80代の男女259名を対象に「ゆうゆう体操」を体験していただいたところ、楽しかった36%、体が楽になった19%、スッキリした32%、またやりたい12%というポジティブな回答が多く得られました。
<ゆうゆう体操体験結果>
https://www.atpress.ne.jp/releases/170678/img_170678_2.png
この「3分!ゆうゆう体操」を通して、映画「体操しようよ」のように仲間と共に身体を動かすことで元気になる、そんな体操の力を感じていただきたいと思っています。

情報源: 11月9日(金)公開の映画「体操しようよ」協賛記念!シニア向けのオリジナル体操「3分!ゆうゆう体操」完成|株式会社長谷工シニアホールディングスのプレスリリース