これからのシニアライフをさらにアクティブに!
新着情報
  • HOME »
  • 新着情報 »
  • 日付別アーカイブ: 2018年11月28日

利息だけ毎月払えばいい「高齢者限定住宅ローン」の実は怪しくない中身

■「利息だけの支払い」で自宅を新築できるとは詐欺じゃない? 70代の両親から「自宅が古くなって暮らしにくい。住宅ローンを組んで建て替えることにした。ローンは利息だけの支払いで月2万5000円」と言われたら、子どもであるあ …

70歳以降も働きたいシニアが8割もいる背景

あなたは何歳くらいまで働きたいと思っていますか? 数年前であれば、「引退は定年の60歳」と答える方が多かったかもしれません。しかし、人生100年時代を迎える今後は、そうもいかなくなりそうです。 10月22日、政府は成長戦 …

自販機コーヒーに「とろみ」機能が登場 のみ込みやすく

コーヒーや緑茶などの飲料に「とろみ」を加える機能が付いた自販機がお目見えした。飲み込む力が衰えた高齢者でも、とろみがつけば飲みやすくなるという。超高齢化社会を控え、開発業者は2021年には病院などに2万台の設置を目指すと …

佐川、北海道でタクシーと貨客混載 ヤマトは安否確認

宅配便大手が北海道内で相次ぎ新たなサービスを展開する。佐川急便は27日、HEYタクシー(北海道当麻町)と組んで乗用タクシーで宅配物を運ぶ貨客混載事業を始めたと発表。ヤマト運輸も同日、独居高齢者の安否確認支援で釧路市と協定 …

支出減らない60代夫婦、打開の鍵は妻の小遣い制

「老後資金を長持ちさせるために、投資を始めたほうがよいでしょうか」。こう話して家計相談に来たのは、再雇用制度を使って働いている男性Oさん(63)です。貯蓄は1100万円ありますが、再雇用で働けるのは65歳まで。家計運営は …

ねんきん定期便で繰り下げ受給を周知 厚労省

厚生労働省は年金の受け取り見込み額などを知らせる「ねんきん定期便」を活用し、受け取りを65歳より遅らせると金額が増える「繰り下げ受給」を周知する。受け取る時期を選べたり遅らせると増額されたりする制度が浸透していないため。 …

変わる生保シニア 日本生命など65歳に定年上げ

生命保険各社で、定年を見直す動きが加速している。日本生命保険や明治安田生命保険が現在の60歳から65歳に引き上げるほか、一定の年齢で管理職から外れる「役職定年」の制度をやめる金融機関も増えている。入社年次や年齢で画一的に …

66歳以上就労制度、埼玉県内企業の3割 埼玉労働局

埼玉労働局がまとめた2018年の県内企業の高齢者の雇用状況によると、66歳以上が働ける制度のある企業は30.6%だった。65歳までの雇用確保措置のある企業は前年比横ばいの99.6%。同局は「高齢の人が働けるよう企業への周 …

梅沢富美男のズバッと聞きます!「脳を活性化して認知症予防!話題の脳トレに挑戦」

番組概要 日常に潜む認知症初期サインとは?村井國夫・音無美紀子夫妻、雛形あきこ私生活密着で医師が解説!予防法&お薦め脳トレ▽大人気舞踊家・花園直道…ルーツは梅沢? 番組詳細 梅沢富美男が話題のアノ人に聞きにくいこ …

ソレダメ!「この冬 新常識でぽっかぽか&健康長寿SP」

番組概要 ▽誰もが持っているご長寿遺伝子を活性化させる方法とは? ▽現代人必見!アンミカ直伝の「太りにくい体質になるストレッチ」 ▽みんな大好き!あったか煮込みグルメの新常識 番組詳細 ▽誰もが持っているご長寿遺伝子!活 …

PAGETOP
Powered by WordPress & BizVektor Theme by Vektor,Inc. technology.