これからのシニアライフをさらにアクティブに!
新着情報
  • HOME »
  • 新着情報 »
  • 日付別アーカイブ: 2018年12月6日

高齢者の困り事手助け 八代市日奈久地区で「お互いさまの日」 タンス移動、草刈り、清掃…

1人暮らしの高齢者の困り事を同じ地域の住民が手助けする取り組み「お互いさまの日」が5日、八代市日奈久地区であった。同地区は高齢化率が50%を超えており、高齢者の見守り活動から一歩踏み込んで、地域の住民同士が支え合うきっか …

シニアに「スキマ時間」はない……!?

昨年から今年に掛けて、シニア雑誌とWebサイトの編集に携わった。その雑誌は50代以上をターゲットにしたものだったが、想定メインターゲットは60代。厚生労働省が行なった「平成29年就労条件総合調査」によると定年制を導入して …

シニア雇用の説明会、出展企業を募集 来年2月

「働きたいシニアのための合同企業説明会in佐賀」が、来年2月7日午前10時から正午まで、佐賀市のメートプラザ佐賀である。シニア雇用を検討する企業の出展を募集している。出展無料。募集は12月13日まで。 出展募集数は30社 …

筋トレに励む高齢者、スポーツクラブ利用者は年々増加

超高齢社会に入った日本。元気なお年寄りを多く見かけるようになった一方で、筋力低下が原因で生活に支障が出るようなケースも出てきている。「人生100年」の時代に入ったいま、高齢者も筋力トレーニングが必要? 午後1時過ぎ。千葉 …

高齢者と学生、同じ屋根の下 自治体・NPO、「助け合う暮らし」提案

高齢者の自宅の空き部屋に学生が下宿して、交流したり助け合ったりする「異世代同居」の取り組みが各地で始まっています。高齢者の見守りや地域の活性化になり、学生は安く暮らせるなどの利点がありますが、他人との同居を実現する難しさ …

のびのび山陰 人集う 食のブランド、スローライフ魅了

2018年に鳥取県大山の開山1300年祭など大型イベントの追い風が吹いた山陰では、豊かな自然の恵みを受けた農水産物や加工品のブランド展開が進む。地元の自治体や経済界は観光名所の改修や新たな拠点化などのテコ入れにも力を注ぐ …

人生100年の生き方(4) リスクにも向き合う

11月27日。東京都千代田区で開かれたライフプランセミナーを訪れた港区の会社員、長谷川伸(24)は2歳になる双子の娘が心配だ。登壇した社会保険労務士からは「年金はこれから減っていく」と言われた。資産運用の話を聞きながら、 …

神戸市の認知症事故救済制度 市民税400円増に賛否

認知症高齢者らが事故を起こし賠償を求められた際に神戸市が給付金を支給する救済制度の財源として、市民税の400円引き上げなどを盛り込んだ条例改正案が5日、市会の賛成多数で可決、成立した。改正に向け、市が9、10月に募った市 …

骨粗しょう症 男性も要注意 骨折後の死亡・持病悪化多く

高齢女性がよく発症することで知られる骨粗しょう症だが、実は高齢の男性も要注意だ。糖尿病や喫煙の生活習慣などがある男性はリスクが高いが、女性のように公的な特定健診の対象ではなく、認知度は低い。骨折から寝たきりや死亡に至るケ …

急発進防止、後付けできる安全装置 ダイハツが発売

ダイハツ工業は5日、車体に後付け可能な安全装置を同日発売したと発表した。障害物が近くにある状態で強くアクセルを踏むと、エンジンの出力を抑制して急発進を防ぐ。価格は工賃込みで5万9508円。安全機能付きの新車は増えているが …

1 2 »
PAGETOP
Powered by WordPress & BizVektor Theme by Vektor,Inc. technology.