高齢者の自宅の空き部屋に学生が下宿して、交流したり助け合ったりする「異世代同居」の取り組みが各地で始まっています。高齢者の見守りや地域の活性化になり、学生は安く暮らせるなどの利点がありますが、他人との同居を実現する難しさも。新しい暮らし方の選択肢として広がるのでしょうか。
京都市の中心部、京都…

情報源: 高齢者と学生、同じ屋根の下 自治体・NPO、「助け合う暮らし」提案:朝日新聞デジタル