博報堂新しい大人文化研究所の阪本節郎所長によると、成人人口(約1億人)は2020年に40代以上が8割を占めるという。このデータを見ると「大人の階段上る」という名曲のフレーズを「大人の概念変わる」と言い換えたくなる。
加えて「新しい大人」たちが持つ時間は豊富だ。70歳前後の団塊世代の多くは仕事を辞め、その子供たちである団塊ジュニア(40代半ば)も働き方改革を背景に残業は制限される。実際に大企業を中…

情報源: 〈ヒットのクスリ〉40代以上、成人の8割に 経済支える「大人の暇」:日本経済新聞