自分が亡くなったときの相続税の節税のために子どもや孫に財産を生前贈与する高齢者が増えている。年110万円の非課税枠を生かして少額ずつ贈与しながら、教育費や生活費をその都度、非課税で援助する方法を併用することで節税効果を高められる。上手にこつこつ贈与するための税制を頭に入れておきたい。
贈与税にはもらう人1人当たり年110万円の基礎控除があり、これ以下の贈与なら税金はかからない(表B)。子どもが3人なら、3年かけて1千万円近い財産を非課税で次世代に継承させられる。こうした「暦年贈与」によって財産が減れば将来の相続税負担は軽くなる。相続対策の王道とされるが、知っておきたいことがある。・・・

情報源: コツコツ贈与で相続節税 2つの方法駆使し効果アップ|マネー研究所|NIKKEI STYLE