これからのシニアライフをさらにアクティブに!
新着情報
  • HOME »
  • 新着情報 »
  • 日付別アーカイブ: 2019年1月5日

日本の長寿者

日本の記録に残る最高齢者は2018年に117歳で亡くなった鹿児島県喜界島在住の田島ナビさんだ。世界でも3番目の記録で、アジアでは最も長生きした。このほかにも18年に亡くなった都千代さん、15年に亡くなった大川ミサヲさんが …

平均寿命と健康寿命

平均寿命とは、その年に生まれた子どもが大きな社会環境などの変化がなければ何歳まで生きられるかの余命を予測したものだ。正確には「0歳児の平均余命」を意味している。厚生労働省は平均余命などをまとめた生命表を毎年発表している。 …

健康づくり、社会で支援 糖尿病減少に効果 高久史麿 地域医療振興協会会長

「21世紀における国民健康づくり運動(健康日本21)」は、21世紀をめざして国民の健康をいかに増進するかということで始まった。健康を保つことで医療費を抑制しようという狙いもあった。米国で1979年から専門家の協力を得なが …

健康格差

所得や生活する地域、民族などの社会・経済的な環境の違いで寿命や健康にも格差が生じている状態を指す。家庭の所得や教育水準などの差が生活習慣病のかかりやすさなどに影響を与え、平均寿命や健康寿命も左右すると考えられている。19 …

長寿ニッポン 課題は健康寿命に がん治療進歩、高齢者死亡率下げ 高齢化先進国(1)

平成時代に入っても日本人の平均寿命は医療の進歩などを背景に延び続けている。一方で自立して生活できる健康寿命との差は縮まらず、地域や社会的な立場などから生じる健康格差の問題も浮上してきた。日本人は健康を保ちながら世界でもト …

体験学習拠点、きょう茅ケ崎に 市、世代間交流促す

神奈川県茅ケ崎市は5日、市内に体験学習センター「うみかぜテラス」を開設する。地域団体や市民サークルなどの活動拠点として使ってもらい、子どもから高齢者まであらゆる世代が交流できる施設を目指す・・・ 情報源: 体験学習拠点、 …

高齢者に配食業者紹介 みずほ信託が新サービス 金融・生活サポート一体

みずほ信託銀行は1月にも高齢者向け信託商品を契約した人に通常より割引価格で配食を受けられるように業者を紹介するサービスを始める。配食にまで踏み込んだ商品は信託業界で初めてという。金融機関が生活サポートなども一体で提供する …

人生の楽園「新春スペシャル~絶景楽しむ海暮らし山暮らし」

絶景を望む土地で暮らす2組のご夫婦を紹介します。 海暮らしの舞台は広島県呉市下蒲刈島。故郷の島でミカン農園を開き、ヤギと暮らす菅原常司さん(63歳)と妻の広子さん(60歳)が主人公です。 ・・・ 2組目、山暮らしの舞台は …

PAGETOP
Powered by WordPress & BizVektor Theme by Vektor,Inc. technology.