所得や生活する地域、民族などの社会・経済的な環境の違いで寿命や健康にも格差が生じている状態を指す。家庭の所得や教育水準などの差が生活習慣病のかかりやすさなどに影響を与え、平均寿命や健康寿命も左右すると考えられている。1998年に世界保健機関(WHO)の欧州事務局が「健康の社会的決定要因~確かな事実の探求(第1版)」を発行するなどして関心が高まった・・・

情報源: 健康格差  :日本経済新聞