これからのシニアライフをさらにアクティブに!
新着情報
  • HOME »
  • 新着情報 »
  • 日付別アーカイブ: 2019年1月10日

工学院大学が超高齢社会を研究するシンポジウムを1月15日に開催~「共生工学:ジェロンテクノロジー」学部横断型教育研究を2019年4月新設~

工学院大学(学長:佐藤 光史、所在地:東京都新宿区/八王子市)は、高齢者をはじめ多世代の誰もが快適で豊かな生活を営む社会を目指す「共生工学:ジェロンテクノロジー」をキーワードに、2019年4月に共生工学研究センター(仮称 …

願いかないました69歳なり 半世紀ぶりそろばん再開 魚津出身松岡さん

10代の頃以来、半世紀ぶりにそろばんを再開した魚津市出身の松岡みち子さん(69)=東京=が、全国珠算教育連盟の珠算検定3級に合格した。黒部市で珠算教室を開く妹の中島久美子さん(65)と二人三脚で挑んだ。松岡さんは「人生の …

消費増税でもシニアは悠々自適 買い物は焦らず賢明に

2019年は10月に消費税率の8%から10%への引き上げが予定されています。増税後の消費の落ち込みを抑えようと政府は様々な対策を用意しているようですが、シニアの人たちはあまり大騒ぎする必要はないと思います。・・・ 情報源 …

70歳まで働ける? 50代記者が見た甘くない現実

人生100年時代に生涯現役を――。聞こえは良いものの、シニアを取り巻く現実は決して甘くない。高齢期も働くシニアを増やして社会保障制度の担い手を厚くしたい国の思惑に反して、企業はやる気を失ったり能力や知識が時代にそぐわなく …

シニアを「負担」にしない 働き方の「再設計」号砲

人手不足が新たな常態となる中、シニアの力をどう生かすかが社会全体の問題になってきた。年金財政の逼迫もあり、政府は65歳以上の継続雇用を政策課題として打ち出す。だがなし崩し的な雇用延長は企業の重荷となり、競争力をそぎかねな …

中小7割で65歳超雇用 日商調査

日本商工会議所が9日発表した高齢者雇用の拡大に関する調査結果によると、中小企業の73.7%が65歳を超える人材を雇用していた。人手不足を背景に前回2016年の調査と比べて3.6ポイント上昇した。・・・ 情報源: 中小7割 …

65歳超雇用義務化、半数反対

日本商工会議所は9日、高齢者の継続雇用について、中小企業の半数が年齢の引き上げの義務化に反対しているとの調査結果を公表した。政府は雇用の継続を企業に求める年齢について、現行の65歳から70歳に引き上げることを検討している …

70歳雇用の条件 390万人が人手不足補う 30年時点試算 人件費は1.3兆円増

政府は現在、65歳までとなっている雇用継続年齢を70歳に引き上げる方針だ。実現した場合、65~69歳で働く高齢者はどれくらい増え、企業の人件費はどの程度膨らむのか。みずほ総合研究所の協力を得て試算した。・・・ 情報源: …

「定年後も雇用」72% 福井の企業 商議所連調べ

福井県商工会議所連合会が実施した県内企業調査で、72.9%が定年後も雇用を継続していることが分かった。加えて12.3%の企業は今後、定年後の雇用継続を検討していると回答しており、常態化する人手不足を受けてシニアの活躍が不 …

PAGETOP
Powered by WordPress & BizVektor Theme by Vektor,Inc. technology.