人手不足が新たな常態となる中、シニアの力をどう生かすかが社会全体の問題になってきた。年金財政の逼迫もあり、政府は65歳以上の継続雇用を政策課題として打ち出す。だがなし崩し的な雇用延長は企業の重荷となり、競争力をそぎかねない。「70歳雇用」を実現するための条件を探る。・・・

情報源: シニアを「負担」にしない 働き方の「再設計」号砲  :日本経済新聞