自動車部品大手のヨロズは、社員が60歳の定年後も働き続けやすいように就労形態を多様化している。65歳までの再雇用では役職や勤務時間などから3通りを選択できるようにしたほか、働ける上限年齢も70歳に引き上げた。事業拡大に伴う人手不足や若手社員への技能伝承が課題となっており、多様な雇用機会を提供することでシニア社員に活躍してもらう。・・・

情報源: 定年後の働き方、3つの選択肢 自動車部品のヨロズ  :日本経済新聞