これからのシニアライフをさらにアクティブに!
新着情報
  • HOME »
  • 新着情報 »
  • 日付別アーカイブ: 2019年2月2日

健康カプセル!ゲンキの時間「激ウマみそ汁でお悩み解消」

日本人のソウルフード「味噌汁」が今、健康食として注目を集めています。 今回は、ドクターが教える!血管を健康にしたい人にオススメの味噌汁作りをご紹介します。 ▼血糖値が高めの人にすすめたい味噌!麦・豆・米の中のどれ? ▼血 …

消費者として意識 課題解決型商品を

西武百貨店や流通産業研究所などを経て1997年から電通で高齢者関連のプロジェクトに携わる斉藤徹・ソリューション開発センターフォアキャスト研究部主任研究員(60)にシニアマーケティングの課題を聞いた。(以下談)日本の高齢者 …

完全失業率2・4%、若者・高齢者の就業増加

総務省が1日午前に発表した労働力調査によると、2018年平均の完全失業率は2・4%で前年から0・4ポイント低下した。失業率低下は8年連続で、1992年以来、26年ぶりの低水準だった。・・・同省は「若者と高齢者の就業者が例 …

シニアビジネス 模索の末に見えた解

高齢化が進む中、消費者としての高齢者に注目度が高まったのも平成だ。膨らむ市場を取り込もうと企業はさまざまな手を繰り出したが、多くは空振りに終わった。ひそかに抱える不安、人生経験が生む価値観の多様化など、心のひだに鈍感だっ …

「自然体」と「センス」

40代から60代の中高年が言われてうれしい言葉を、博報堂「新しい大人文化研究所」が継続的に調べている。2015年調査では「センスがいい」が初めて「若々しい」を上回り首位になったそうだ。・・・ 情報源: 「自然体」と「セン …

よりそう、「顔」見えるネット販売 電話で感情くみ取る

インターネット経由で葬儀や僧侶を手配するよりそう(東京・品川)がオフラインの顧客サポートに力を入れている。葬儀を依頼する人は高齢者が多く、「顔が見えない」ネットで注文することへの不安は根強い。スピード感を持った電話対応な …

【シンポジウム】公社の健康寿命延伸プロジェクト 生涯自立のための“プロセス・イノベーション”~ 食事・運動・生きがいの改善による健康寿命延伸 ~

神奈川県住宅供給公社(所在地:神奈川県横浜市、理事長:猪股 篤雄)は、高齢社会の到来を見据えて、29年前の1990年に「元気なシニアのための住まい」をコンセプトに、「入居時自立」を条件としたケア付高齢者住宅ヴィンテージ・ …

神保町

シニアの世代交代に伴い人気の街も変わりつつある。東京の例では、これまで高齢者に人気の街といえば巣鴨か日暮里だった。昔ながらの商店街があり、和菓子や総菜の店、茶屋、神社、寺などが並び散歩やおしゃべりを楽しめる。主な支持者は …

静岡ガス、スマホ教室を開催

静岡ガスは1日、スマートフォン(スマホ)の操作説明などを受け付けるサービス「エネリアやさしくスマホ」を始めると発表した。同社が展開する静岡県内3カ所のショールームで、スマホ教室を開催し、スタッフによる対面での操作説明をす …

悩まない40歳からの転職 エージェントはこう使え

40代以降の転職活動は、20代、30代とは違い、一気にその難易度が高まります。需給バランスの変化はもちろん、企業からの期待値の高まりや、世帯主の場合には教育や介護など家族環境も変化しやすく生活コストがかさみがちで、結果的 …

1 2 »
PAGETOP
Powered by WordPress & BizVektor Theme by Vektor,Inc. technology.