これからのシニアライフをさらにアクティブに!
新着情報
  • HOME »
  • 新着情報 »
  • 日付別アーカイブ: 2019年2月5日

3000円料理、ファミレスで人気 シニアの「胃袋」開拓

ファミリーレストランの客単価が上昇している。平日でも1食で3000円近い料理の注文が増えている。「とりあえずファミレス」といったコスパ重視の利用から、生活シーンに合わせた様々な使い方を選ぶ中高年やシニアも目立つ。・・・ …

スマートシティー、内外に巨大な商機 野村総研報告

野村総合研究所は日本の官民による国内外でのスマートシティー整備・開発に関する調査報告書をまとめた。カメラやセンサーで収集した情報や画像データを人工知能(AI)で分析し、自動運転をはじめ交通渋滞の緩和やキャッシュレス取引を …

ターゲット・バードゴルフ 高齢者「いい運動」

■北部で人気 和気あいあい交流の場にも 羽根の付いたボールを使う「ターゲット・バードゴルフ」と呼ばれる競技が、府北部の高齢者らの間で広がっている。・・・ 情報源: ターゲット・バードゴルフ 高齢者「いい運動」 : 地域 …

人間が生きて、死ぬということ 曽野綾子氏の最新刊『死生論』 2月2日発売

産経新聞出版は2月2日、作家・曽野綾子氏の最新刊『死生論』(本体1000円+税、発行・産経新聞出版)を発売しました。産経新聞で大好評連載中の「透明な歳月の光」を加筆・再構成。人間が生きて、死ぬということの意味とは何か。誰 …

薦原の高齢化を考える 名張で座談会、子どもらは巻きずし作り

中山間地の高齢化や人口減少への対応を住民が話し合う座談会が三日、名張市薦原市民センターであった。地元の三十~六十代の三十人がホールで課題を話し合い、付き添いの子どもたちは節分にちなみ、調理室で巻きずしを作って大人たちに振 …

日本アルコン、眼内レンズ挿入 白内障手術を安全に

日本アルコン(東京・港)は、白内障の手術に使う眼内レンズ挿入システム「クラレオン・オートノミー」を発売した。眼内レンズをレバーの操作で自動挿入できるため、安全で簡便に手術を行える。使い捨てで価格は12万円(税別)。・・・ …

少子化・高齢化ビジネス白書2019年版(平成最終版&新元号元年版)発刊

生まれ変わる時代「人生100年時代」の新ビジネス創出チャンスを探る 企業・ビジネス白書シリーズの日本ビジネス開発(大阪市住之江区、06-6685-7992、代表藤田英夫)は、少子化・高齢化ビジネス白書2019年版(平成最 …

遠州の小京都を疾走 森町ロードレース2500人参加

森町体育協会は3日、第48回森町ロードレース大会(静岡新聞社・静岡放送後援)を町内で開いた。4部門に県内外から2531人がエントリーし、「遠州の小京都」を疾走した。・・・4部門のエントリー者から最高齢者賞に男性は松村光雄 …

シニア起業家向けのレンタルオフィスを大宮マルイにオープン

弊社は、2019年4月1日(プレオープンは3月29日)に、50代60代のシニア起業家を中心としたレンタルオフィス「大宮アントレサロン」をオープンします。13店舗目となる「大宮アントレサロン」は、弊社にとって埼玉県の初の店 …

映寿会シニアホーム、朝7時半から利用受け入れ

映寿会みらいグループ(金沢市)は3月から、同市鞍月東1丁目で運営する介護施設「シニアホームみらい鞍月」で利用者の早朝受け入れを始める。高齢者の生活リズムに合わせ、開始時間を従来より3時間早めて午前7時半とし、運動プログラ …

1 2 »
PAGETOP
Powered by WordPress & BizVektor Theme by Vektor,Inc. technology.