野村総合研究所は日本の官民による国内外でのスマートシティー整備・開発に関する調査報告書をまとめた。カメラやセンサーで収集した情報や画像データを人工知能(AI)で分析し、自動運転をはじめ交通渋滞の緩和やキャッシュレス取引を進め、ゴミ収集など都市サービスを効率化することで大きな経済効果を生む、と分析している。・・・

情報源: スマートシティー、内外に巨大な商機 野村総研報告  :日本経済新聞