高齢化の進展に伴って増え続ける認知症の人を地域で支える取り組みが各地で進んでいる。認知症の人と家族らが集う「認知症カフェ」が増え、町ぐるみで支援するネットワークを組織する自治体も。認知症の人を「ケアされる対象」ではなく、「地域で共に生きる生活者」ととらえ、地域への貢献を通じてやりがいや意欲を引き出す取り組みが続いている。・・・

情報源: 認知症の人も農園やカフェに 町ぐるみで意欲引き出す|ヘルスUP|NIKKEI STYLE