2030年代半ばには3人に1人が65歳以上の高齢者となる日本。少子化も進み、働き手としてのシニアの役割はいや応なく増す。そこで求められるのは補助的な仕事ばかりではない。培ってきた経験や知識に新たなスキルを加え、企業価値を高めるような働き方が重要になる。超高齢化社会で成長できるのはこういった人材を活用できる企業だ。・・・

情報源: 80歳もやる気満々、「シニアが戦力」は当たり前  :日本経済新聞