これからのシニアライフをさらにアクティブに!
新着情報
  • HOME »
  • 新着情報 »
  • 日付別アーカイブ: 2019年3月14日

100年人生は自在に働き学ぶ リンダ・グラットンさん

『LIFE SHIFT 100年時代の人生戦略』の著者 リンダ・グラットン氏の特別授業が聖心女子大学で開催されました。人生を「教育・仕事・引退」の3ステージではなく、「マルチ・ステージ」でとらえる考え方は多くの反響を呼び …

62歳、救命士から准看護師に 高齢者施設勤務の消防OB

京築広域圏消防本部(豊前市)の救急救命士だった高浜寿生さん(62)=吉富町小祝=が定年退職後、吉富町の特別養護老人ホーム「さくら苑」に勤務しながら豊前築上医師会看護高等専修学校(豊前市)を7日に卒業し、13日に准看護師試 …

公的年金、70歳超受給の給付水準を試算へ 厚労省

厚生労働省は70歳を超えて公的年金を受け取る場合、月当たりでいくらもらえるようにするか具体的な制度設計に入る。いまの受給開始年齢は60~70歳の範囲で選ぶことができ、65歳から1カ月遅らせるごとに年金額が月0.7%ずつ増 …

人生100年時代 支えられ上手に

日本人の平均寿命が延びている。最新のデータでは男性が81.1歳、女性が87.3歳で、いずれも過去最長だ。100歳以上の人も、すでに約7万人いる。人生100年時代は、もうすぐそこだ。この長い高齢期をいかに充実して過ごすか。 …

人生100年時代の罪

「人生100年時代」という言葉がこの数年ですっかり定着した。安倍晋三政権が「人生100年時代構想推進室」を立ち上げたのが2017年9月。首相は「新たなことにチャレンジしようという意欲のある人たちが学び直し、新たな人生を始 …

コマツ、65歳への定年延長など継続協議

コマツは13日までに、60歳から65歳への定年延長と関連する退職金制度の見直しを求めていた組合側の要求に対し、18歳から65歳まで全世代での賃金や定年延長含めた人事制度の大幅改定を継続協議する内容で妥結した。働きたいシニ …

現場を支える高齢者の労働力、高齢化が進む日本社会の現実

■年金が足りないからと働く高齢のタクシー運転手 京都には、顧問を務める企業が数社あるため、時々、京都を訪問する。そのうちの1社を訪れる際には、いつもJR京都駅の八条口を出てタクシーに乗る。 先日もそうだった。打ち合わせの …

鳥取砂丘「セグウェイ」さぁ本番 高齢者、スイスイ観光

鳥取県の観光名所、鳥取砂丘で、立ち乗り電動二輪車「セグウェイ」で砂丘を走るツアーが正式に導入されることが決まった。主催者が昨春試験実施したところ利用客から好評だったため、冬を除く通年開催に踏み切る。鳥取砂丘の訪問客は過去 …

PAGETOP
Powered by WordPress & BizVektor Theme by Vektor,Inc. technology.