これからのシニアライフをさらにアクティブに!
新着情報
  • HOME »
  • 新着情報 »
  • 日付別アーカイブ: 2019年3月15日

シニアサイクリストもSNS活用を

SNSへの投稿方法などについて学んだシニアサイクリスト向けセミナー シニアサイクリストが会員制交流サイト(SNS)活用法を学ぶセミナー(愛媛県主催)が12日、松前町筒井のエミフルMASAKIであった。60歳以上の参加者ら …

シニアの力作ずらり/沖縄市で合同展/写真・絵画・手工芸1000点

日頃から地域やサークルで活動している成果を披露する市老人クラブかりゆしシニアクラブの第48回合同作品展がこのほど、市知花の市老人福祉センターであった。多くの市民が訪れ、写真や絵画、手工芸など約千点の作品を熱心に見入ってい …

長野県 佐久穂でやるべき「六つのこと」 外国人向けガイドマップ配布

佐久穂町に外国人観光客を呼び込む方法を探っている同町の住民団体「S.I.T.E.(サイト)」が外国人向けガイドマップを作り、13日、町内で配り始めた。観光スポットの他、「町内でやるべき六つのこと」として、住民が開いている …

お年寄りの人生聞き取り 一冊に

井原市芳井町の芳井中ボランティア同好会が、地元の高齢者施設の入所者3人に人生の歩みを聞き取り、本にまとめた。生徒たちはお年寄りに手渡した。同好会の取り組みは・・・ 情報源: お年寄りの人生聞き取り 一冊に|中國新聞

「ATM操作できない」高齢者に安心感 JAの移動店舗車

「ATMはうまく操作できないし、窓口の方が安心してお金を引き出せるから」。かつてJA兵庫西(兵庫県姫路市)の「鶴居子店」があった同県市川町鶴居。近くに住む女性(86)は、毎週水曜に店舗跡を巡回してくる移動店舗車「にっしぃ …

郵政、65歳定年制導入で妥結 非正規の待遇も改善

日本郵政と国内最大の単一労組「日本郵政グループ労働組合」(JP労組、組合員約24万人)は14日、2019年春闘で、65歳定年制の導入や、一部の非正規社員に扶養手当を支給することなどで妥結した。定年延長は人手不足などを背景 …

いなみ野学園・陶芸学科卒業の5人 三木で作品展

兵庫県三木市緑が丘町中1のさんさんギャラリーオアシスで、県の高齢者大学「いなみ野学園」(加古川市)の陶芸学科を今月卒業した5人による作品展が開かれている。陶器の絵皿やオブジェなど約40点のほか、同期生が手掛けた洋画8点も …

地域医療情報連携ネットワークとは 過剰診療防ぐ狙い

病院や診療所、薬局、介護施設が患者の電子データを共有する仕組み。複数の施設が連携することで、過剰な診療や不要な投薬を防げると期待されている。海外ではIT(情報技術)を使った共有システムの導入により、重複画像検査が1割ほど …

シニア社員にベア7万円 JR西、再雇用後の待遇改善

JR西日本は13日、2019年春闘交渉で、60歳の定年後に再雇用したシニア社員について、月額7万円のベースアップを回答した。20年4月から働き方改革関連法で求められる「同一労働同一賃金」を先取りしようと、ベテラン社員の待 …

韓国で高齢者の整形が増加

2019年3月14日、環球時報は、韓国で最近、高齢者の整形が増加していると報じた。 記事は、「韓国は『整形の都』といわれるほど整形業が進んでおり、毎年100万件近くの整形手術を行っている」と紹介。「これまでは若者が整形の …

1 2 »
PAGETOP
Powered by WordPress & BizVektor Theme by Vektor,Inc. technology.