病院や診療所、薬局、介護施設が患者の電子データを共有する仕組み。複数の施設が連携することで、過剰な診療や不要な投薬を防げると期待されている。海外ではIT(情報技術)を使った共有システムの導入により、重複画像検査が1割ほど減少したとの研究報告もある。2025年には国民の5人に1人が75歳以上の後期高齢者・・・

情報源: 地域医療情報連携ネットワークとは 過剰診療防ぐ狙い  :日本経済新聞