経済協力開発機構(OECD)は15日、対日経済審査報告書を公表した。高齢化で労働力不足が深刻化する中、持続的な経済成長には「労働市場の改革が不可欠」だとし、高齢者や女性の活用を推進するよう提言した。 OECDは日本の労働人口が2050年までに24%(1610万人)減少すると試算し、高齢者や女性の雇用促進が労働力不足を緩和する上でカギになると強調した。・・・

情報源: 労働市場の改革「不可欠」=高齢者や女性活用を-OECD提言:時事ドットコム