野村ホールディングスと三菱UFJ信託銀行、慶応大学は高齢顧客へ対応強化に向けた新組織「日本金融ジェロントロジー協会」を設立し、今月下旬に初の総会を開く。認知機能の低下といった年齢を重ねる影響を分析し、金融機関の適切な資産管理に生かすのが目的だ。会員向けの研修制度を今秋導入し、将来的には検定試験も実施する。・・・

情報源: 「金融老年学」協会設立 高齢者対応の専門家育成 – SankeiBiz(サンケイビズ)