公的年金の支給開始年齢は2025年から65歳になる。70歳を超えてからの支給開始を選べる改革案も浮上する中で定年後長く働きたいという人が増えている。しかし新たな仕事に就くとなると収入環境は変わり、雇用保険や健康保険などの加入条件も変わってくる。働くシニアが押さえておきたい知識をまとめた。・・・

情報源: 働くシニア、社会保険を知る 雇用形態で加入対象外も  :日本経済新聞