牙をむくねこ娘、のんきに寝そべるねずみ男、目玉おやじを手に乗せる鬼太郎……。通りを進むと、なじみのキャラクターのブロンズ像が姿を現す。昨夏から、夜になると妖怪の影絵を歩道に映し出す演出も加わった。子供から高齢者まで幅広い世代が通りのあちこちで像をなで、記念写真を楽しんでいる。・・・

情報源: 妖怪 商店街生き返らす 平成プレーバックin中四国  :日本経済新聞