俳優で研究者のいとうまい子さんが人工知能(AI)開発のエクサウィザーズ(東京・港)と共同で、高齢者の自立支援ロボットの開発を始めた。日常生活に必要な運動能力が低下した「ロコモティブシンドローム」を防ぐロボットを作るのが目標。高齢者の健康年齢を延ばすことができれば、社会保障費の抑制や介護職員の不足といった問題解決の一助になる。・・・

情報源: いとうまい子さん、高齢者支援ロボをAI企業と開発  :日本経済新聞