株式会社日本能率協会総合研究所(東京都港区・代表取締役社長:譲原 正昭)は、このたび、高齢者が加齢にともなって直面する様々な「困りごと」に注目し、その困りごとの背後にある「未充足ニーズ」を探索することを目的として、自主企画調査を行いました。 この調査は、2018年に弊社で実施した「高齢者ライフスタイル構造基本調査2018年」に続く、高齢者60~90歳に着目したレポートシリーズの第2弾です。主に新商品開発に携わる方を対象に、高齢者マーケティングのヒントを届けることを目的として実施致しました。・・・

情報源: 高齢者の困りごとの背景にある未充足ニーズから未来の新商品・サービスのヒントをつかむ ~「高齢者未充足ニーズ調査 2019年」を発表~|株式会社日本能率協会総合研究所のプレスリリース