世界的なロックバンド、ザ・ローリング・ストーンズ(以下、ストーンズ)のメンバーが自らプロデュースした大規模企画展『EXHIBITIONISM —ザ・ローリング・ストーンズ展』が今、話題だ。貴重なギターや写真など500点以上のアイテムが並び、ショップではすでに売り切れのグッズもあるという。この盛り上がりを支えているのはストーンズ世代と言われる60代、70代のシニア層。今回はストーンズ展の人気と合わせて、日本でさまざまなブームを牽引している60代以上の消費について、経済ジャーナリストの渋谷和宏さんに話を聞いた。・・・

情報源: お金と時間を持て余す!?“スーパーシニア”が消費をリードする – FNN.jpプライムオンライン