石川県輪島市の公道を決まったルートで走る電動カートが快走を続けている。高齢者や観光客の身近な移動手段として認知度が高まり、利用者が増えている。今春には自動走行機能を使った走行区間を3倍の約3キロに広げた。過疎化が進む能登地域は路線バスなどの維持が難しくなっている。運転手の負担の少ないカートを次世代交通の一つとして普及させる。・・・

情報源: 電動カート、輪島で快走 高齢者や観光客、移動の足に 自動走行区間、今春3倍 :日本経済新聞