全国のマンションの居住者らに対する調査で、マンションに「永住する」と回答した人の割合が、過去最高だったことがわかった。国土交通省によると、マンションの居住者のうち、「永住するつもり」と答えた人はおよそ63%で過去最高となり、1980年度に比べて、およそ3倍に達した。これに対して、一戸建てなどに「いずれ住み替えるつもり」と答えた割合は、およそ17%にとどまった。また、高齢になるほど永住意識は高く、居室内に階段がないなど、高齢者にとってマンションの方が住みやすい面が・・・

情報源: 「終のすみかはマンション」が6割超 永住派が過去最高 – FNN.jpプライムオンライン