働くシニアが増えている。2025年以降は公的年金の支給開始年齢も完全に65歳以降となり、70歳を超えてからの支給開始を選べる改革案も浮上している。定年後に新たな仕事に就く場合、収入環境は変わり、雇用保険や健康保険などの加入条件も変わってくる。働くシニアが押さえておきたい公的な社会保障の知識をまとめた。・・・

情報源: 健保に年金… おさえておきたい働くシニアの必須知識|マネー研究所|NIKKEI STYLE