令和時代の産業競争のカギは人工知能(AI)が握っている。自動運転、高齢者や子どもの身の回りの世話をするロボットなど、あらゆる場面で求められるデータの解析に不可欠な技術で、世界中の国や企業が開発を競う。出遅れた日本勢はAIとものづくりを融合する技術に活路を探る。・・・

情報源: AI×ものづくり 活路 米中先行、得意分野を探る :日本経済新聞