近鉄京都線の三山木駅(京都府京田辺市三山木中央)近くの住宅街の路地にある平屋の前に、「みんなのおうち」の看板が立つ。子育て支援をする地元のNPO法人「そよかぜ子育てサポート」が営み、週2、3日、8畳の和室を開放。悩んだりストレスがたまったりしている子育て中の親たちが駆け込めるよう、昨年12月に開所した。 副理事長の赤畑千代子さん(70)=同市=は「うつ状態、DV、睡眠不足など、子育て中の悩みは尽きない。困ったときに駆け込めばだれかがいて、一休みできる場所があればいいなと思って」と話す。予約なしに立ち寄れ、職員が子どもを見ている間、相談やおしゃべりができる。・・・

情報源: 子育て世代支える「みんなのおうち」 高齢者との交流も:朝日新聞デジタル