脳神経、目、心臓、肝臓など主要な臓器の再生が実現しつつある。iPS細胞では、パーキンソン病、脊髄損傷、加齢黄斑変性、角膜移植、心不全、血小板減少症などの臨床試験が開始または予定されていて、もう一つの万能細胞、ES細胞でも、肝臓を再生する臨床試験が行われようとしている。また、ES細胞から作られた腸の組織「ミニ腸」は、栄養を吸収する能力を持ち、ぜん動運動を行うこともできる。再生医療の最前線を伝える。

5月8日(水) 13:35~13:50 (15分) NHKEテレ
番組情報:きょうの健康 体感しよう!先端医療の世界「主要な臓器を再生せよ!」