大分県の由布岳(1583メートル)の山開き祭が12日朝、別府市の登山口であった。20年以上、登山道整備やごみ拾いなどを続けている尾畠春夫さん(79)=同県日出町=が今年も訪れ、手製の竹杖300本を登山者に配った。 尾畠さんは昨夏、山口県で不明男児を発見し、「スーパーボランティア」として時の人となった。・・・

情報源: 尾畠さん、ホームの山に登場 手製の竹杖300本を配る:朝日新聞デジタル