これからのシニアライフをさらにアクティブに!
新着情報
  • HOME »
  • 新着情報 »
  • 日付別アーカイブ: 2019年5月17日

シニア女性の約6割は、キャベツ・白菜などを丸ごと1個購入することが多い。カット野菜を購入することが多いシニア女性は1割未満

株式会社ドゥ・ハウス株式会社ドゥ・ハウスは、自社のインターネットリサーチサービス『myアンケートlight』を利用し、20代以上の男女を対象に「購買行動」に関するWEBアンケートを実施いたしました。調査期間は2019年3 …

「奈良交通ゴールドパス」の発売について

当社では、現在発売している「奈良交通ゴールド倶楽部定期券」の見直しを図り、名称も新たに「奈良交通ゴールドパス」として発売します。 65歳以上のお客様は、環境にやさしい公共交通の利用促進、健康増進、また、運転免許を返納され …

いまどきシニアのネット利用実態と価値観

株式会社インテージ(本社:東京都千代田区、代表取締役社長:檜垣 歩、以下インテージ)は、シニア層※のインターネット、メディア利用状況や生活意識、価値観について独自に収集するさまざまなデータを分析し、その実態に迫りました。 …

空港でパーソナルモビリティ(自動追従電動車椅子)の実証実験を実施

全日本空輸株式会社(本社:東京都港区、代表取締役社長:平子 裕志、以下:ANA)とパナソニック株式会社 (本社:大阪府門真市、代表取締役社長:津賀 一宏、以下:パナソニック)は、超高齢社会において、シニア世代のご旅行の移 …

ナマコ養殖 研究成果報告 東京稚内会の小坂会長 故郷に「少しでも恩返し」

故郷の稚内でナマコの養殖研究に取り組んでいる東京稚内会の小坂輝雄会長(72)=横浜市在住=が、約8年間の研究で確立したナマコのふ化と飼育に関するノウハウやデータをまとめた。「地域の漁業に役に立てれば」と、成果を漁業関係者 …

高齢者の買い物助けます 多久市納所地区 住民組織がサービス開始

多久市東多久町納所地区の住民でつくる任意団体「納所(のうそ)里づくり委員会」(田渕厚会長)は、高齢などで買い物が困難な人に食料品や日用品を届けるサービスを始めた。地元で唯一の小売店を営むNPO法人、集落支援員と協力して週 …

70歳雇用の推進 働く意欲を高める制度に

政府は高齢者が70歳まで働けるように雇用確保を図る方針を固めた。企業に努力義務を課して高齢者への雇用機会の提供を促す。 高齢化の進展を背景に65歳以上でも就労を希望する人が増えている。社会の支え手が増えれば、社会保障費の …

会話に花咲く ハーバリウム作り 岩手町で高齢者が交流

岩手町の一方井公民館(佐々木義(ただし)分館長)は15日、同公民館で本年度初めての友愛活動を開いた。参加者はハーバリウム作りや雑巾作りを通して交流を深めた。 地域の高齢者ら15人が参加。ドライフラワーなどを専用のオイルと …

高齢者の「虚弱」防げ 自治体、点検・健康指導に力

高齢者の身体機能が弱まるフレイル(虚弱)を予防する取り組みが首都圏の自治体で広がってきた。介護が必要になる前に、高齢者が自分の体の弱点を見つけ出し、健康や栄養の指導を早めに受けられる環境をつくる。元気なシニア世代を増やす …

認知症予防は「運動が重要」 世界保健機関が指針

世界保健機関(WHO)は、世界的に増加している認知症の予防のための新たな指針を公表した。運動の習慣や健康的な食事、禁煙が重要だとしている。各国が適切な対策を取らない場合、世界の認知症患者が2050年には1億5200万人に …

1 2 »
PAGETOP
Powered by WordPress & BizVektor Theme by Vektor,Inc. technology.