政府は高齢者が70歳まで働けるように雇用確保を図る方針を固めた。企業に努力義務を課して高齢者への雇用機会の提供を促す。 高齢化の進展を背景に65歳以上でも就労を希望する人が増えている。社会の支え手が増えれば、社会保障費の抑制も期待できよう。人口減少社会では、高齢者の活用は喫緊の課題でもある。・・・

情報源: 【主張】70歳雇用の推進 働く意欲を高める制度に – SankeiBiz(サンケイビズ):自分を磨く経済情報サイト