若いころは危険だと感じなかった職場の環境が、年を経るにつれてリスクに変わる。高齢者の働き手が増えるなか、どのような対策が求められるのか。高齢による衰え、握力は75%に低下 高齢になると、体の能力はどのくらい衰えるのか。 大原記念労働科学研究所(東京)によると、個人差はあるが、55~59歳の能力は20~24歳と比べて、バランス保持能力は48%、握力は75%に低下する。・・・

情報源: 2ミリの段差、大きな危険 高齢者働く職場、転倒対策は:朝日新聞デジタル