キャンピングカーが人気だ。日本RV協会の調査によると、国内の総保有台数は2017年に10万6200台となり、10年前からほぼ倍増した。軽自動車をベースに価格を抑えた「軽キャンパー」の登場や中古車市場の活況を背景に、活動的なシニア層やペットを家族として捉える人たちが活用しており、群馬県内でも愛好者が増えているようだ。・・・

情報源: キャンピングカー 10年で倍増 軽自動車ベース 中古で手軽に|政治・経済|上毛新聞ニュース