毎日の食事内容は人の健康を大きく左右する。「人間は年を取るほど粗食になるが、高齢者こそ肉を食べたほうがいい」と主張するのは、精神科医の和田秀樹医師だ。「1日に摂取する肉の量はアメリカ300グラム、ヨーロッパ220グラムに対して日本は80グラムで、高齢者はさらに少ない。・・・

情報源: 「高齢者こそ肉を食べてうつ病予防を」と医師アドバイス|NEWSポストセブン