これからのシニアライフをさらにアクティブに!
新着情報
  • HOME »
  • 新着情報 »
  • 日付別アーカイブ: 2019年6月13日

PGF生命調べ 還暦人が行っている老後の準備 1位は「貯蓄・資産運用」、「運転免許の自主返納」は2%

PGF生命(プルデンシャル ジブラルタ ファイナンシャル生命保険株式会社、代表取締役社長 兼CEO 阪本 浩明)は、2019年4月19日~4月22日の4日間、今年還暦を迎える1959年生まれの男女(以下、還暦人「かんれき …

65歳以上の人と一緒に働くのは若年層ほど否定的な傾向。“一緒に働きたいシニア芸能人”は博識の「タモリ」 “いつまでも若いと思う芸能人”「明石家さんま」を抑えて「加山雄三」がトップに

総合旅行プラットフォーム「エアトリ」(https://www.airtrip.jp/)を運営する株式会社エアトリ(本社:東京都新宿区、代表取締役社長:吉村 英毅、以下エアトリ)は、20代~70代の男女825名を対象に「定 …

歌で高齢者を元気に カラオケ講師の仲道さん

大分市コンパルホールのカラオケ講座で講師を務める仲道(本名・佐藤)圭子さん(58)=別府市石垣西=が歌で高齢者を元気にしている。2017年1月にカラオケサークル「華音(かのん)倶楽部」を立ち上げ、60~80代の約80人が …

[私の公設市場物語](2)松本料理学院学院長 松本嘉代子さん ユンタクする特別な空間 市場の魅力

ことし開校50年を迎える松本料理学院の学院長、松本嘉代子さん(80)=那覇市=の県産食材に対するこだわりは人一倍強い。提唱する琉球料理の継承に「公設市場の存在は不可欠」と語る。新市場の幕開けには「これまで続いてきた売り手 …

意欲作1988点ずらり 県美術展 東京新聞賞に新座の加藤さん

第六十九回県美術展覧会(東京新聞さいたま支局など協賛)が、さいたま市浦和区の県立近代美術館で開かれている。十九日まで。入場無料。自治体が主催する公募美術展としては全国トップクラスの出品数で知られ、今年も数多くの力作が会場 …

定年シニア投資の落とし穴 高金利外債に為替リスク

最近は、外貨建て商品が流行しています。例えば高金利海外債券や外貨建ての個人年金保険といったものです。シニア層でも購入している人は少なくないとみられます。ところが結論から言えば、こうした商品に安易に投資するのは避けた方が良 …

50代 まだ間に合う~老後の資産形成 海外投資がカギ

「海外株重視の運用をおすすめします」。ファイナンシャルプランナー(FP)で、びとうファイナンシャルサービス代表の尾藤峰男氏は、老後の不安を訴える50代男性に資産形成のポイントを伝えた。日本の経済成長率は低く、高い投資利回 …

活気あふれる活動を 真玉高齢者大開講

真玉高齢者大(学長・河野潔市教育長)の本年度開講式が12日・・・ 情報源: 活気あふれる活動を 真玉高齢者大開講 – 大分のニュースなら 大分合同新聞プレミアムオンライン Gate

相次ぐ交通事故、高齢者は車の運転免許証を返納すべきなのか

超高齢社会の進展とともに、恐れられるようになったのが「認知症」。実は、その認知症よりもはるかに早く起こるのが、うつ病などを引き起こす「心の老化」です。「心の老化」は脳機能を低下させ、やがて「認知症」にもつながり得る見逃せ …

(現場へ!)誰だって旅したい:3 諏訪の魅力+シニアのチカラ

「70の大台にのったけどね、自分が力になれることは力になろうかな、と。何もしなかったらぼけるかもしれないし」 長野県原村の地域トラベルサポーター、武上正信(70)が笑う・・・ 情報源: (現場へ!)誰だって旅したい:3  …

1 2 »
PAGETOP
Powered by WordPress & BizVektor Theme by Vektor,Inc. technology.