これからのシニアライフをさらにアクティブに!
新着情報
  • HOME »
  • 新着情報 »
  • 日付別アーカイブ: 2019年6月19日

8月にシニア服飾ショー、モデル募集

お気に入りの衣装をまとい、スポットライトを浴びながら歩いてみたい-。そんな高齢者の願いをかなえるイベントが、八月十八日に茅野市民館で開かれる。題して「いきいきシニア!モジモバファッションショー」。今月末まで出演者を募集し …

シニアの“赤字生活”をどうする? 使うべき「高齢者割引」とは

人生100年時代、お金が不安という人も多い。そんな人にぜひ知ってもらいたいのが高齢者向けの割引・優遇サービス。うまくいけば、月数千円から数万円はお得になることも。・・・ 情報源: シニアの“赤字生活”をどうする? 使うべ …

分配型投信、新世代が人気 分配金控えめで長生き対応

個人投資家の毎月分配型投信離れが続く一方で、新たなタイプの分配型投信に資金が流入している。「予想分配金提示型」と「目標払い出し型」の2タイプで、いずれも従来の毎月分配型に比べ分配金の金額が控えめで、分配ルールも分かりやす …

「暴走」高齢者、後付け防止装置に商機 評価に課題も

高齢者が運転する自動車が起こす交通事故が各地で相次いでいる。自主的な免許返納も簡単ではないだけに、脚光を浴びているのが後付けの急発進防止装置だ。東京都は安全装置の購入や取り付けを補助する方針を打ち出したが、性能評価の普及 …

投資目的「老後資金」38%でトップ 日経マネー調査

個人投資家の約4割が「老後資金づくり」を目的に投資を行っていることが雑誌「日経マネー」の調査で分かった。50代では54%、60代では44%にのぼる。税制優遇を受けながら資産を形成できるiDeCo(個人型確定拠出年金)の利 …

受注、初の4億円超え 伊勢市シルバー人材センター

60歳以上の会員に短期の仕事を紹介する「伊勢市シルバー人材センター」が設立から30周年を迎えた。企業などから寄せられる草刈りや清掃などの仕事の受注額は、2018年度に初めて年間4億円を超え、高齢化と相まって成長を続けてい …

注文殺到の「絶対踏み間違えない車」、運転してみた

連日のように高齢者のブレーキとアクセルの踏み間違いによる自動車事故が伝えられている。東京・池袋で4月、乗用車が暴走し、母子がはねられ死亡した事故でも踏み間違いによる可能性が指摘されるなど、重大事故につながるケースも多く、 …

老後資金、いくらためればいい? 3つのポイント

老後30年間に約2000万円の金融資産が必要になるという試算を示した金融庁の報告書に批判が集まっています。金融庁から指摘されずとも「公的年金だけでは安心な老後生活は送れない」と考えていた人は多いはずですが、「2000万円 …

終章を生きる 高齢者のこころ(5)油絵

兵庫県加古川市内の高齢者住宅の一室。入居20年になる出原あゆみさん(82)=仮名=が、絵の具が染みついたイーゼルにキャンバスを立てかけ、右手の鉛筆を滑らせる。薄い線でスケッチしたのは濃いピンク色のベゴニア。脳梗塞の後遺症 …

2050年、6人に1人が高齢者

国連の最新の予測によると、世界人口のうち65歳以上の高齢者の割合は2050年に16%と、6人に1人を占めるようになる。現在は11人に1人(9%)だが「歴史的な低さの出生率と寿命の延びで、事実上すべての国が高齢化していく」 …

1 2 »
PAGETOP
Powered by WordPress & BizVektor Theme by Vektor,Inc. technology.