日本は世界に類を見ないスピードで高齢化が進み、すでに超高齢社会に突入しています。平均寿命は年々更新され、現在の亡くなる方の最頻値(最も頻繁に出現する値)は平均91歳とされているほどです。しかし、歯の寿命は生命ほど長くなっておらず、欠損に対する回復と天然の歯への対応をよく考えなければなりません。・・・

情報源: 「超高齢社会」 歯の保存、生活の質維持に:歯の健康相談:福島民友新聞社 みんゆうNet