陸上の日本選手権は、もうトップアスリートだけの大会ではなくなっていた。 男子100メートルと200メートルを制したサニブラウン・ハキーム(米フロリダ大)らが疾走した福岡・博多の森陸上競技場のトラックを、還暦を超えた選手たちが駆け抜けていく。その一人、女子100メートルに出場した保育園園長の松尾真弓さん(66)は、「中学、高校時代は届かなかった全国の舞台。時間はかかったけど、夢のようだった」。15秒台をマークし、充実感に浸った。・・・

情報源: 66歳も日本選手権駆け抜けた 保育園長「夢のよう」 – 一般スポーツ,テニス,バスケット,ラグビー,アメフット,格闘技,陸上:朝日新聞デジタル