これからのシニアライフをさらにアクティブに!
新着情報
  • HOME »
  • 新着情報 »
  • 日付別アーカイブ: 2019年7月4日

人生100年時代は個別対応がカギ 本社が金融シンポ

日本経済新聞社は3日、「人生100年時代、変革する金融サービス」と題するシンポジウムを大阪市内で開いた。地域固有の課題解決や高齢者が安心して暮らせる生活基盤を支えるための金融の役割などについて、金融機関の幹部らが議論・・ …

ITシニア起業の成功、Salesforceが後押し

「初期投資もコーディングも不要だったのでこれしかないと思った」とSalesforceに初めて出会ったときの衝撃を語るのは、トムソンネット代表取締役副社長 鈴木邦朗氏。同社は、保険ビジネスの研修やコンサルティングを主たる業 …

高齢者では「今の状態」に合わせた薬剤調整を

厚生労働省は、6月14日、「高齢者の医薬品適正使用の指針(各論編(療養環境別))」を周知する通知を、都道府県などに発出した。これは、ポリファーマシー(多剤併用)対策を求めるものとして、2018年5月に発表された「高齢者医 …

口の衰え予防で認知症防ぐ 静岡県内、官民で対策進む

高齢者の身体機能の低下を予防しようと静岡県内の自治体や企業が動き始めた。特に食事や薬をこぼしたり、むせて飲み込めなくなったりするオーラルフレイル(口の衰え)に的を絞った取り組みが目立つ。健康寿命を伸ばし、来る超高齢社会の …

シニア白熱、歓声響く 南区発「サイコロダーツ」

浜松市南区発祥のゲーム「サイコロダーツ」の区大会が三日、同区の江之島荘で開かれ、お年寄りが楽しんだ。サイコロダーツは、6~1の数字が放射状に書かれた縦横九十センチの盤上に木製のサイコロを転がす。サイコロが止まった盤上の数 …

年金だけで足りないなら… 老後のお金3つのポイント

先日公表された金融庁の報告書が話題になっています。騒動の是非はともかく、老後のお金について考えるよいきっかけになったのではないでしょうか。経済エッセイストの井戸美枝氏は、老後のお金を考える際、ざっくりと老後の収支を試算す …

高齢者はテレビを鵜呑みにしていない? ネット検索もガッツリ併用

MMD研究所は、「ニュースに関する年代別意識調査」の結果を発表した。3月に公開した「2019年3月 中高生のニュースに関する意識調査」の全年代版。18歳~69歳のスマートフォン所有者1,533人を対象に、テスティーが提供 …

車以外で気軽に一人移動を 高齢者ら向け電動車など展示

高齢者が運転する自動車の事故が相次ぐなか、小型電気自動車(EV)や立ち乗りするEVといった、一人でも気軽に移動できる乗り物の展示・試乗会が3日、経済産業省(東京都)であった。車以外の移動手段の選択肢があることを知ってもら …

老後に必要な額認識 50代で5割止まり

日銀に事務局を置く金融広報中央委員会は3日、定年退職後の生活費の必要な額を認識している人が50代で51%にとどまるとの調査結果を発表した。老後資金の計画を立てている人は35%、資金を確保している人は26%で、いずれも3年 …

大阪)シニアミュージカルグループ「発起塾」が20周年

メンバーは50歳以上の演劇初心者限定。ただいま、平均年齢は64歳。こんなシニアミュージカルグループ・NPO法人「発起塾」(大阪市東住吉区)大阪校が創立20周年を前に、記念公演を開く。時に笑顔で、時に真剣に。歌い、踊り、演 …

1 2 »
PAGETOP
Powered by WordPress & BizVektor Theme by Vektor,Inc. technology.