高齢化問題に取り組む国際組織「GCOA」は9日までに、世界の60歳以上の購買力が合計で15兆ドル(約1600兆円)にのぼるとの試算を発表した。60歳以上の人口は2050年に20億人と現在の2倍に増え、高齢者市場も同様に拡大するとしている。高齢者向けサービスの充実やデジタル化が、新しい商機を生み出す可能性がある。・・・

情報源: 高齢者市場1600兆円、国際組織試算 長寿ビジネスに商機  :日本経済新聞