夜明けの御供所にひときわ年輪を感じさせる「オッショイ」の声が響いた。五番山笠・東流(ながれ)の朝山では、満100歳の友田直正さんが親子4世代で台上がりを務め、古刹(こさつ)ひしめく寺町の一画を疾走した。町の世話役として地元の御供所三区に長年尽くした功労に、町の仲間が贈ったサプライズ。家族の歴史に刻まれた晴れ舞台に、友田さんは「絶対に忘れられない最高の思い出」と破顔した。・・・

情報源: 100歳祝う台上がり 東流の友田さん親子4代一緒に 博多山笠|【西日本新聞ニュース】