「2000万円不足」で老後のお金が話題になり、公的年金を頼りなく感じた人もいるだろう。年金制度を国は今、どう変えようとしているのか。経済財政運営と改革の基本方針(骨太の方針)に盛り込まれた改正点は3つある。まず年金のもらい始めを遅らせる繰り下げ受給の柔軟化だ。65歳を基準に70歳までだ・・・

情報源: 年金制度が変わる 「長く働く」が有利に  :日本経済新聞